令和4年5月2日

5月5日は「こどもの日」であり、71年前に「児童憲章」が制定された日です。

児童憲章は、日本が戦争に負けた後にどうすればすべての子どもたちが幸せにくらしていけるのか考えられたことが記されています。

いつの時代に、どこで生を受けても子どもは守られ愛される存在であってほしいですね。

令和4年4月27日 にじ組「お当番がんばってます!」

子どもも大人もわくわくドキドキしてはじまった、にじ組での生活が1ヶ月経とうとしています。新生活にも少しずつ慣れてきて、落ち着く場所で、気の合うお友だちと好きな遊びを楽しんでいる様子が様々な場所で見られます!

遊びや生活の中で、困っている年中さんがいるとそれに気付き、声を掛けてくれることが少しずつ増えてきた年長さん。自分より小さいお友だちに優しくしてあげたい気持ちが大きくなってきているように感じます。

今後、様々な行事や生活の中で、年長さんに保育園のみんなを引っ張っていってもらいたい、という私たちの願いもあり、最初は、お片付けの時間のお知らせや朝の会の進行を保育士が行っていたのですが、このお当番活動を年長さんにお願いすることにしました。

お友だちと力を合わせて一生懸命頑張ってくれていますよ。お当番さんが困っていたら、周りで聞いている年長さんの援護の声が聞こえてきます。このような助け合う経験を繰り返して、仲間っていいなと思ったり、1人じゃ難しいことも仲間がいたからできた!というような、力を合わせてやり遂げる達成感もこの1年間でたくさん感じてほしいと思っています。また、年長さんのそんな姿を身近で見ている年中さんにも「年長さんってかっこいい!」「年長さんみたいにやってみたい!」と憧れを持って新しいことにも挑戦する気持ちを持ってくれたらなと思っています。

令和4月22日 どんぐり組「みんなでお散歩楽しんでいます🎵」

4月初めは道路や公園に雪がたくさん残っていましたが日が経つにつれて暖かい日が増え春がやってきましたね!

どんぐり組さんでは、お天気の良い日には周辺のお散歩や公園に遊びに行き元気いっぱい楽しんでいます♪

最近では、以前より公園の前を通った際『この公園楽しそうだね』『早く遊びたいね』と遊べる日を楽しみにしていましたが、先日ついに遊具に貼られているテープは外れ遊べるようになっていたので、遊びに行くことが出来ました!

日の出公園に遊びに行くことを子どもたちに伝えると『え?!あのデコボコの滑り台の公園??やった~!』と大喜び☆

公園に着くと、お友だちと順番こで楽しんでいましたよ~♪

令和4年4月22日 たんぽぽ組「三種の神器」

『1歳ごろから、少なくとも3~4歳」ごろまでの子どもたちは、共通して「穴・水・棒」が好きだといわれています。保育の世界では、三種の神器と呼んだりするんですよ。』(NHKホームページ すくすく子育て情報より抜粋)

 

ということでその証拠写真をお見せします。

おまけ:大きい子のロッカーには自作の棒

棒は、子どもたちにとってはじめての道具とも言えます。危険がない限り、子どもが道具を使いこなせるようになっていくための練習だと思って、見守ってあげてくださいね。(NHKホームページ すくすく子育て情報より抜粋)

令和4年4月18日 たんぽぽ組『春がきた!』

あたたかい日差し、目を覚ました小さな虫たち、咲き出したクロッカス、そして新入園児の泣き声・・・今年も春の訪れを感じます。

 新年度になって2週間たちました、この時期、新入園児はもちろんですが進級した2歳児だって環境が大きく変わる中、ものすごくがんばって保育園生活を送っています。小さな子どもたちの大きな頑張りに応えられるように、保育園をいっぱい好きになってもらえるように、先生たちもけっこう必死に子どもたちの好きそうなもの、楽しそうなことを探しています。

広いホールで運動!(先生)

卒園児のプレゼントしてくれたレンガのお家。

新しいお友だちが使っていますよ。

春の使者(ミミズ)

春の使者(てんとう虫)

大きい子たちがリズム体操をしています。楽しそうなピアノの音を聞くとウキウキしてきます!

園庭にある小さいおうち。子どもはこんなせまい空間が大好きですよね。